アラキドン酸

Home

アラキドン酸とJ-オイルミルズ

食用油はどんなものを選びますか。 普段良く使われているのは、サラダ油やキャノーラ油、ゴマ油、オリーブオイルでしょう。

J-オイルミルズは、アラキドン酸を添加した油脂を開発し、家畜用の飼料に添加、または食用油としての利用方法に注目が集められています。 食品の美味しさを決める5つの感覚、甘味・塩味・辛味・酸味・うま味のうち、アラキドン酸がうま味に関与しているのではないかということが研究されました。 県立農林水産技術センターと、J-オイルミルズの共同研究です。 実験には比内地鶏が使用され、アラキドン酸を含む油を混ぜた飼料と、他の食用油を混ぜた飼料をそれぞれ別の鶏に与えて、モモ肉の食感を評価したのが、研究データです。 地鶏の飼料にアラキドン酸を少量含む油を混ぜたことによって、モモ肉にうま味やコクが強くなったという研究結果が発表されました。 油料理が胃にもたれるようになった高齢者向けには、アラキドン酸のサプリメントhttp://xn--cckway3f5c6el3e1764j.tokyo.jp/が発売されています。 数種類の健康補助食品との混合サプリがお勧めです。

1日分の適量を守りましょう。 いくら良いサプリでも、美味しい料理や効果的な食用油でも、摂りすぎは体に良くありません。高カロリー、高たんぱくな食事を続けると弊害が起こるでしょう。 毎日の食事と同じように、栄養バランスが必要です。

↑ PAGE TOP