アラキドン酸

Home

生活習慣病とアラキドン酸

最近はテレビ番組で取り上げられることもある、大注目のアラキドン酸は不飽和脂肪酸の一種で、この成分が多いほど脳の働きが活性化するため、アラキドン酸によって若々しい頭脳を保つことができると考えられています。そしてアラキドン酸は、残念なことに加齢によって減少していくということもわかっています。

アラキドン酸は脂肪酸ですから、動物性たんぱく質などから生成されます。たとえば豚肉などをしっかり食べるのはアラキドン酸の生成にとても役立ちます。

しかしここでちょっと心配になるのは、アラキドン酸のために脂肪酸である肉類をモリモリ摂取すると、生活習慣病になり易いのではないか?という点です。 確かに脂肪酸がたくさん溜まると内蔵に脂肪が溜まり、メタボになってしまいます。頭の働きが良くなったとしても、体や血管に脂肪がたくさんついてしまってはどうにもなりません。

そんな人のために、アラキドン酸のサプリメントがあります。肉でアラキドン酸をたくさん摂取するのはたいへんですから、カロリーを抑えたサプリメントで効率よく栄養素だけを摂取すれば良いのです。 アラキドン酸で生活習慣病や高血圧を防ぎ、脳の働きを活性化できる、良いサプリが発売される時代になったものです。

↑ PAGE TOP