アラキドン酸

Home

アラキドン酸とオレイン酸の違いとは

アラキドン酸とオレイン酸という言葉をよく耳にしますが肉や母乳等に含まれる動物性脂肪であることや人の生活に欠かせない必須脂肪酸であること等の共通点から違いが判らない人が多いのではないでしょうか?

そこで今回はこの2つの酸の理解を深めていただく為にアラキドン酸とオレイン酸の違いを紹介します。その違いは代表的な物で2つあります。

1つ目は体に対する効果です。どのように違うのかというとアラキドン酸は「学ぶ」「考える」など人の脳の記憶に作用にして認知症や記憶力向上に期待される程高い効果を持っていることに対してオレイン酸は体に付いた時の皮膚に与える刺激が少ない等化粧品の原料に使われる程の高い効果を持っています。

2つ目は心配された方も多いかもしれませんがアラキドン酸が肉、卵、母乳等の動物性脂肪にのみ含まれていることに対してオレイン酸はアラキドン酸の様に動物性脂肪に含まれているだけでなく、オリーブオイルや菜種等の植物油にも含まれています。なので、前述の同じ動物性脂肪ということで健康面に不安を持っていた方も安心して食事にバランスよく取り入れることが出来ます。

今回紹介した以外にもオレイン酸が豚のラードに50%近く含まれている等様々な違いがありますので気になった方は一度アラキドン酸とオレイン酸が含まれた食材を使った料理を食べてみるのはいかがでしょうか?

↑ PAGE TOP