アラキドン酸

Home

アラキドン酸による成長促進

アラキドン酸は植物からの摂取は難しい成分で、肉や魚、卵などに多く含まれています。

アラキドン酸による体内への影響は、特に乳幼児の脳や身体の発達や発育と深く関係していています。成人と比べて乳幼児は体内でのアラキドン酸の合成力がまだ弱い為に、食品や飲料を通して摂取を促しています。また、アラキドン酸は記憶力や言語の発達についても促進し、細胞膜の生成や免疫力を高める働きをする成分です。

そのため乳幼児にアラキドン酸が不足してしまうと、身体の大きさに関わる成長にも影響を与えてしまいます。世界の国々でも、乳幼児の成長を促すために、粉ミルクにアラキドン酸が含まれたものが広く販売されています。

逆に、成人の場合には摂取過多になってしまうと、各種癌や動脈硬化、皮膚への悪影響を及ぼします。成人であれば基本的な食生活を送っていれば、体内のアラキドン酸は減少しませんが、過度なダイエットを続けると不足する場合があります。

アラキドン酸不足は、脳への影響が著しく集中力の低下や物忘れなどの症状につながります。アラキドン酸摂取で脳の活性化が期待できます。歳を重ねると、徐々に体内でのアラキドン酸の合成が難しくなってくるので、年齢を感じ始めた方は脳への対策として進んで摂取した方が良いでしょう。

↑ PAGE TOP